いそがしいとき、「自分が2、3人いたら、どんなに便利だろう・・・・・・」って、おもったことあるでしょう。
わたしもてんてこまいのとき、「ああ、わたしがいっぱいほしいよー」ってさけんでしまう。
でも、ほんとにわたしがいっぱいいたら、どうなるのだろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなことをかんがえていたら、このおはなしができちゃった。

ぼくがいっぱい
出版社:
岩崎書店
著者:
いもとようこ/作・絵
初版年月日:
2005年4月
サイズ:
31p 26cm
価格:
1365円(税込)